介護する側・される側に立ったバリアフリーリフォーム

バリアフリーといっても住む人によってリフォームする箇所は異なります。テコナでは介護する側・される側、住む人すべてが生活しやすい環境をつくるためのリフォームをご提案しています。ぜひ、お気軽にご相談ください。こちらではテコナのバリアフリーリフォームに関するサービス内容を、事例を交えてご紹介します。

大切な家族の笑顔のために ~バリアフリーリフォーム~

 日本は今、超高齢化が進んでいます。それに合わせて、住まいも高齢者の生活に配慮したバリアフリー化を進めていく必要があります。

「バリアフリー」とは身体の機能が低下した高齢者や障害をお持ちの方でも、安全に不自由なく日常生活が送れる“障壁のない”ことをいいます。ですから、バリアフリーリフォームは高齢の方だけでなく、お子様や妊婦の方、ケガや病気をしている方などにもやさしい住宅であるのです。高齢になっても住み慣れた家で快適に生活できるように、バリアフリーリフォームをしませんか?なお、バリアフリーのリフォームをする際は階段や廊下、床など住まいの基本的な部分を工事することが多いです。

テコナの主なバリアフリーリフォーム内容

手すりを取りつける
足腰が弱くなると、移動の際は何か支えが必要になります。階段や玄関、トイレ、浴室などに転倒を防ぐために手すりを設けます。
段差を解消する
住まいに段差がないほど安全です。玄関や各部屋への出入口などの段差をできるだけなくし、安全性を高めます。
階段の傾斜を緩やかにする
急な傾斜の階段は、健康な人にとっても危険です。安全性を高めるために、階段の形状や勾配などをゆるやかにします。